コラム

2年目で仕事を辞めるのはまだ早い?どうしても辞めたい時はどうするべき?

会社に入社して、2年目で辞めたいと感じている人もいると思います。

しかし、世間の声として、

「2年で辞めるのは甘え」

「ゆとり」

「最低3年は勤務しろ」

などと言われています。

 

では、2年で会社を辞めるのは悪いことなのでしょうか。

また、どうしても辞めたい時はどうすれば良いのでしょうか。

この記事で詳しく解説していきます。

 

仕事は3年間続けなきゃいけないの?

世の中的には、仕事は最低3年続けるべきと言われています。

しかし、仕事を3年間続けなくてはいけないという決まりはどこにもありません。

 

もちろん、3年間も同じ仕事を続ければ、嫌でも最低限のスキルや知識は身に付くでしょう。

しかし、それ以上の知識、スキルを身に着けるためには向上心が必要となります。

 

やりたくない仕事を3年間我慢して続けたとしても、高度な知識やスキルが手に入るとは言えないのです。

 

2年目で仕事を辞めたくなる理由

では、なぜ仕事を2年で辞めたくなる人がいるのでしょうか。

代表的な理由について詳しく見ていきましょう。

 

人間関係が悪い

まずは人間関係が悪いという理由です。

人間関係が非常によく、部下や上司関係なく助け合える会社はいくつも存在しています。

しかし、人間関係が劣悪で、必要最低限の会話しかしないという職場があるということも事実です。

 

人間関係が悪い会社に就職してしまうと、そのようなストレスを毎日感じるようになるでしょう。

そうなってしまうと、

「もうこんな会社辞めたい」

と思ってしまうのです。

 

適正がないと判断した

自分にはその仕事が向いていないと判断した場合も辞めたいと感じるでしょう。

会社に入ってすぐに適性を判断することは難しく、しばらく仕事をしてみないと、自分にその仕事が向いているのかがわかりません。

 

しかし、2年程経過すると、ある程度の向き不向きを判断することができ、

「退職して違う道に進もう」

と考えるようになるのです。

 

新しい夢ができた

会社に入社して仕事を進めるうちに、違う夢が出てくることがあります。

そうなってくると、今やっている仕事に魅力ややりがいを感じられなくなり、結果として仕事を辞めたいと感じるようになるのです。

 

辞めたいと感じたらすぐに辞めてもいいの?

では、仕事を辞めたいと感じた場合、すぐに行動してもいいのでしょうか。

基本的には、一旦冷静になって考え直してみることをおすすめします。

・本当に自分に向いていない仕事なのか

・仕事を辞めて生活していけるのか

など、辞めてから後悔しないようにしっかりと自分の中で答えを探っていく必要があります。

 

もちろん、パワハラやセクハラ、いじめなどの被害に遭っている場合には、問答無用で辞めてしまって問題ありません。

そのような会社でいくら仕事を続けても、自分にとってのメリットは1つも得られないでしょう。

 

2年目で仕事を辞めた場合のデメリット

では、2年目で仕事を辞めた場合、一体どのようなデメリットが生じるのでしょうか。

 

転職活動で必ず聞かれる

まずは転職時の面接です。

ここで、2年で辞めた理由を必ず聞かれるでしょう。

仮に面接官を納得させられる答えを用意できていない場合には、面接に落ちてしまう可能性もあります。

そのため、まずは2年で辞めた理由を悪い意味で捉えられないように、話の構成を考えておくことをおすすめします。

 

キャリアが残らない

2年で辞めてしまうと、キャリアが残らない可能性があります。

特に即戦力を必要としている企業では、応募者がどんなキャリアを持っているか、どんなスキルを持っているかを重要視するでしょう。

 

しかし、2年で辞めてしまい、何の知識もスキルも持っていないとすると、転職活動に苦戦してしまう可能性もあるのです。

 

やめ癖が付く可能性もある

比較的早い段階で、あまり考えもせずに辞めてしまうと、やめ癖が付いてしまう可能性があります。

そうなってしまうと、転職をしてもあまり長く続かなくなってしまったり、自分に甘えてしまったりする可能性がありますので、十分注意するようにしましょう。

 

1つの会社で働くことが美ではない

社会人として、1つの会社で働くことだけが最善の道というわけではありません。

最も大事なのは、自分が心から楽しめる、一生懸命になれる仕事を探すことです。

そうすることで、効率的に仕事をしていくことができますし、向上心があるためスキルアップや知識の習得にも時間がかからないでしょう。

 

まとめ

2年で仕事を辞めたいと思っている人も、そのことに後ろめたさを感じる必要はありません。

しかし、本当に仕事を辞めるべきなのかを、もう一度しっかりと考えてみることをおすすめします。

 

そして、辞めるという決断を下した場合には、すぐに転職活動に入り、次の仕事を決めてから退職をすることをおすすめします。

そうすることで、スムーズに新しい仕事を開始することができるため、精神的にも経済的にも安心することができます。