コラム

仕事が自分に合わないとストレスになる!自分に合った仕事を見つけるためには?

今の仕事が自分にあっていないと思っている人はたくさんいます。

しかし、どのような状態になってしまっている人であればわかると思いますが、自分に合っていない仕事をしていると、常にストレスを抱えることになります。

 

では、自分に合った仕事を見つけるためには一体どうすれば良いのでしょうか。

この記事で詳しく見ていきましょう。

 

自分に合わない仕事するデメリット

自分に合っていない仕事をすると、様々なデメリットが生じます。

では、一体どんなデメリットが生じるのでしょうか。

 

ストレスになる

まずは冒頭でも解説したように、ストレスを感じるようになるというデメリットです。

自分に合っていない仕事を我慢して続けているという人は、ストレスを抱えながら仕事をすることが当たり前だと感じている人もいるでしょう。

 

しかし、実際は全くそんなことはなく、むしろストレスを抱えて仕事をするというのは異常だということを自覚する必要があるでしょう。

 

楽しくない

そして、自分に合っていない仕事をすると、単純に楽しくありません。

仕事を楽しいと感じることができないと、どうしても成果に繋げることができませんし、向上心がアップすることもありません。

 

たまに楽しくないと感じるだけであればそこまで問題はありませんが、毎日楽しくないと感じているのであれば、自分には向いていない仕事なのかもしれません。

 

その仕事が自分に合っているか確認する方法

では、どうすればその仕事が自分に合っているかどうかを確認することができるのでしょうか。

 

楽しさ

まずは楽しいと感じることができるかどうかです。

楽しさを感じることができる部分が少しでもあれば、向いていないと一概に言うことができません。

なぜなら、その楽しいと感じる仕事を極める事で、もっと仕事が楽しくなり、キャリアアップに繋がる可能性があるからです。

そのため、仕事をしていて、

・楽しかったこと

・嬉しかったこと

などをもう一度思い出してみるようにしましょう。

 

成果

続いてはその仕事で成果を出せているかをもう一度確認してみましょう。

その仕事の適正というのは、数字になって表れることがありますので、成果を出せているかどうかを1つの基準にしてみると良いでしょう。

定期的に1つでも成果を上げる事ができているのであれば、その仕事に向いているかもしれません。

 

しかし、長い間1つも成果を上げる事ができていないのであれば、もしかしたらその仕事に向いていない可能性もあります。

 

向上心

向上心を持って仕事に取り組めているかどうかを確認することも非常に大切です。

向上心を持つことができれば、積極的にアイディアを出したり、効率的に仕事をこなすために知恵を絞ったりすることができます。

 

そのため、スキルや知識をどんどん吸収することができるため、自然と向いている仕事へと早変わりさせることができます。

 

しかし、向上心がないとそもそもやる気が出ませんし、結果も付いてこないのです。

 

自分に合った仕事を見つける方法は?

では、どうすれば自分に合った仕事を見つけることができるのでしょうか。

 

経験してみる

一番手っ取り早いのは、経験してみるということです。

何でもやりたいことをやってみることで、その仕事が本当に向いているのかどうかを判断することができます。

 

実際にやってみるとイメージと違ったということもよくあることですので、まずは挑戦してみるという考えを持つ必要があります。

 

そのため、仮に退職をしたいと思ったら、我慢をして続けてみるのも1つの手ですが、すぐに新しいことに挑戦してみるということも大切になるでしょう。

 

やりたいことを絞り込む

そして、やりたいことを絞り込むということも大切になります。

先ほど、挑戦することが大切だと解説しましたが、全ての職業に挑戦することは現実的に考えて不可能です。

 

そのため、自分の性格や夢などから、どのような業種が良いのかを絞り込んでいくことが大切です。

これができると、スムーズにやりたいことや入りたい会社を決めることができるでしょう。

 

このようなことから、大学生は自己分析を行うのです。

少しでも仕事が自分に合っていないと思うのであれば、もう一度初心に帰って自己分析を始めてみることをおすすめします。

 

そうすることで、本当にやりたい職業が見つかる場合もありますし、今の仕事が向いているのかどうかを確認することもできるでしょう。

 

まとめ

自分に合った仕事をしていないと、ストレスを抱えながら毎日働くことになります。

できることが増えてくると、その仕事が楽しくなってくる場合もありますが、いつまで経っても楽しいと感じることができない場合もあります。

 

このような場合は、もしかしたらその仕事が自分には向いていない可能性もあるため、今回紹介した考え方を元に、適正を考え直してみることをおすすめします。

そうすることで、自分のやりたい仕事やその仕事の向き不向きを確認することができ、スムーズに次の段階へと移ることができるようになるでしょう。