マインド

リスクを取るときの思考法

僕がビジネスを始めたのは、社会人になってからなんですが、
貯金は100万ぐらいでした。

 

そのなかで、80万する個別コンサルの依頼をするなどして
最短で成長してきました。

もちろん、僕もその時はかなりリスキーだなとか、
全然成果出なかったら?とか考えましたが、

 

結局は、

常に「最悪」を考える

 

ことで、踏み切りました。

 

そのおかげで今があるのも事実です。

最悪この80万が無駄に終わってもまた働いて稼げばいい。
例え、貯金が全部なくなっても生きてはいける。
ってな感じですね。

 

もうちょっと具体的に言うと、

もしあなたがホームレスになったとしたら、

その時は、誰を頼るか?、
どこから食料を調達するか?、
自分の中ですぐにお金に稼げるものはないか?

までを頭で描けているか?

それができていたら、

リスクを取っておもしろいことにどんどんチャレンジできるようになります。

要は、
ある程度リカバリーができる範囲なら、行けると判断する。
ことが重要です。

その許容範囲は、人によって違うと思いますが、
大きく成果を出す人はこの範囲が大きいんですよね。

みんな現状維持したいと考える。

通話で、お話させてもらっても、
「ん~魅力的な話だけどまだ貯金も少ないしもう少し後にしようかな」
とか言う人が多いんですよね。

僕は、現状維持するぐらいなら、リスク摂って成功したいなって。

当たり前ですが世の中、成功者と呼ばれる人の方が圧倒的に少ないですよね。
言い換えると、大半の人が成功できないってことです。

 

大半の人が成功できない=超難しい、才能ありきか?っていうと
そうでもなくて、ビジネスに関して言えば、

大きな差は、「リスクの許容範囲」によるものなんですよね。

大半の人と同じように、現状維持しているから、
大半の人が成功できないんです。というよりチャンスを逃しているんですよね。

もちろん、その乗ったチャンスで失敗することもありますが、
チャンスに乗らなければ失敗はないですが、成功もないです。

 

要するに、ビジネスにおいては、
リスクを取って、乗ったチャンスの数が多ければ多いほど
成功の確率が上がるというわけなんです。

最悪、失敗してもバイトすれば何とかなるだろうって。

現状よりは、生活レベルは落ちるかもだけど、
チャンス見送るよりもさっさと始めようって思ったんですよね。

最低ラインを考えて、リカバリー可能なら
チャンスに乗って成功に書けても良いじゃないか。

最悪条件を考えると、
「だったら、いいじゃん」ってなる。

 

そして、自己破産って言葉ありますよね。

自己破産ってきくと、怖いですが、
一度、調べてみてください。

全然、復活可能なんですよね。

クレジットカード使えないのは痛いですが、

生きていく分には、別に問題なく生きていける。

リスクを取るときは最低ラインを考えれば、どんどん取れる。

それがコツ。

とはいえ、最低ラインになることなんてほとんどないですし、
どんどん挑戦していくと良いですね。

では、今回は以上になります。