コピーライティング

顧客を行動させ、商品購入に導くQUESTの法則とは?【例文あり】

どうも、こーへいです!

 

今回は、QUESTの法則というコピーライティングの型についてお話していきます。

 

商品の宣伝文を書きたいけど上手く書けない

ブログでアフィリエイト記事を上手く書けない

LP作成が難しくて進まない

 

といった方は、これを機に学んで行ってください。

 

この記事を読むことで、

どのようにしてお客の欲求を煽っていけばよいかわかり、商品の宣伝のコツを掴めると思います。

 

 

それでは、いきますね。

QUESTの法則ってなに?

世界的に有名なコピーライターであるマイケル・フォーティン氏が2005年に紹介したコピーライティングの型の1つです。

 

主に、顧客の欲求を煽り行動させる文章を作るのに適しています。

QUESTの法則

①Qualify(値する)

②Understand(共感する)

③Educate(教育する)

④Stimulate(刺激する)

⑤Transition(行動させる)

 

このように、5つのパートに分かれ、それぞれの頭文字を取って

QUESTの法則と命名されています。

 

それでは、1つずつ見ていきましょう。

①Qualify(値する)

文章の掴みになる部分で、LPならヘッドコピーに当たる部分ですね。

文章を読んでもらえるかはここで決まりますので、しっかり顧客の興味を引けるように練りましょう。

 

このパートでは、

「見込み客の抱えている問題を提示し、自分には、その問題を解決する能力があることを述べる」

ことが必要です。

 

その際、「ターゲットを明確にすること」「問題解決能力がある」という2点を意識して文章を書きましょう。

 

【具体例】

例1)私に5分下されば、今後何十年にわたって続くかもしれない社畜人生から脱する方法をお教えします。

 

例2)このページでは、何をやっても全く痩せられなかった私が2週間で運動もなしで10㎏痩せた方法をお教えします。

②Understand(共感する)

ここでは、顧客の気持ちに共感していきます。

Pointとしては、

「もともと自分も悩んでました。」といったニュアンスで書いていくと良いですね。

 

【具体例】

例1)私も毎日満員電車に乗り、理不尽な上司に怯え、日々消耗しているとわかっていながら出勤していました。

 

例2)私も、「痩せたい」という思いのみで、苦しみながらも毎日ジムに通って3カ月。なかなか思ったような成果が出ず心が折れてしまいそうでした。

③Educate(教育する)

ここでは、自分の売りたい商品やサービスの価値を伝えていくことが大切です。

 

Pointとして

信頼に足ることを証明するために

・実績

・権威性

・顧客の声

この辺りを盛り込んで書いていきましょう。

 

【具体例】

例1)私が発見したビジネスを成功させる5つの法則を使えば、必ず独立できるレベルまで稼いでいくことができるようになります。実際に50人の方に私のノウハウを実感してもらっています。

 

例2)ジムのトレーナーでもあり日々ダイエットの研究をしてきた私が、実際に実践して発見した「痩せるための5つの行動」を使えば、2週間で10㎏痩せることが可能です。実際に50人以上の方から「入らなかったズボンが入った」、「ウェディングドレスが綺麗に着られた」など嬉しいお言葉をいただいております。

④Stimulate(刺激する)

ここでは、顧客にもっと商品を欲しいと思わせます。

 

Pointとして

・Benefitを提示(FABの法則を活用:Benefitを簡単にまとめる公式

・希少性・緊急性をあおる

ことが大切になってきます。

 

【具体例】

例1)5つの成功の法則を手にしていただければ、もう毎朝、満員電車に乗る必要もありませんし、嫌いな上司に合う必要もありません。昼過ぎに起きて、カフェに行き、買い物を楽しみ、夕方からパソコンを開いて作業すればそれだけで生活ができてしまいます。これほど特異なノウハウですので、紹介は今回限りとさせていただきます。

 

例2)痩せるための5つの行動を知れば、もう毎日食べたいものを我慢する必要もなくなりますし、ジムに通って苦しい思いもしなくて済みます。痩せやすい体を作るという1点にフルコミットした5つの行動ですのでかなり効率よく痩せられる上に、リバウンドもありません。それほど、画期的な方法でありダイエット業界に影響を及ぼしかねない方法でもありますので紹介は、今回限りとさせていただきます。

⑤Transition(行動させる)

クロージングして、決済を促していくパートになります。

 

Pointとしては、

顧客に「今すぐ購入する理由を与える」ことです。

 

【具体例】

例1)今すぐ自由を手に入れる準備ができた方はこちらからご参加ください。

例2)本日より3日間の特別期間中のみの販売で再販等の予定はございませんのでお早めにご参加ください。

【まとめとコツ】いろんなコピーに触れてみるのが良いです。

【QUESTの法則】

①Qualify(値する)

②Understand(共感する)

③Educate(教育する)

④Stimulate(刺激する)

⑤Transition(行動させる)

の5つについて例文を交えて解説しましたが、

多くの有名なセールスレターなんかにも組み込まれていますので

1文ごとに何を狙っているのか考えながらセールスレターの添削なんかもやってみると

良いですね。コピーライティングの重要性と具体的な勉強方法はこちら

 

コツとしては、

ペルソナ(顧客像)を超具体的に想像し、

あなたのもとにやってくるお客さんはどんな悩みを抱えているのか?

これを徹底的に考えていくことです。

 

「どんな悩みを持っているか?」

そして、その悩みの先にどんな悩みがあるか?まで踏み込んで考えておくといいでしょう。

 

例えば、ダイエットについてなら

「痩せたい」という悩みに対して、

「こうしたら痩せられる」という方法だけではなく、

 

「痩せても、維持できるか心配」

「痩せたら、どんな服が似合う?」

「素敵な彼氏ができる」

といった、

 

「顧客は、痩せた後(問題解決後)に、どんなことを考えるか?どうなるか?」

 

を考えることで、顧客に刺さるBenefitを書きやすくなりますのでやってみてください。

 

では、今回の講義はここまでです。