未分類

凡人の流儀をみてほしい

はじめまして、こーへいです。

僕は今、フリーランスとして
マーケティングの仕事をしています。

個人商店のWEB周りのコンサルティングをしたり、
薬局のプロデュース兼コンサル、不動産運用、デイトレードなど。
わりといろいろやってます。

 

前職では、年商2兆円規模の超大企業に勤めていて、
関西で売り上げトップの店舗を担っていました。

 

会社を辞めた後、貯金も人並みにはあったので、
とりあえずやりたかったけど出来ていなかった
ことを全部やりました。

まあ、もともとインドア派なんで
漫画とかゲームとか映画とかそういったサブカル的な
ものが大半ですがw

そりゃあもう、楽しかった。
朝起きなくても怒られないし、
何時間ゲームやってても怒られない。

 

ただこのまま働かないわけにはいかないんですよね。

超快適ニート生活の裏で、どんどん減っていく貯金に怯える日々でした。

 

結構、根っから働くの嫌いなんですね。
というより、楽しくないことはやりたくない!

 

という、スキルも何もないくせにに主張だけはする一番ダサい奴でした。

 

そりゃ誰だって楽しい事だけして生きていきたい。

それはわかる。

これを実現するには
それ相応の何か力を得ないといけないな。

と漠然と考えたのを覚えています。

 

とりあえず、

日々の自分のために使える時間が多く取れるところで働きつつ、
ストレスフリーの自由な生活を手に入れる手がかりを探すことにしました。

そこで、ネットでのビジネスというものに初めて出会いました。

まずは、『せどり(転売)』をやってました。

月10万ぐらい稼げてましたが、
途中から労働量の多さにすぐ辞めました。

 

ただ、せどりって仕入れに行くのめっちゃ面白いんすよ。

 

iPhoneのアプリで、商品のバーコードをピッてやれば、
Amazonでどれくらい売れているかわかります。

それをひたすらやっていくんですが、
「子供のころわくわくした宝探し」そのものなんですよね。

 

ただ、仕入れた後の作業が重労働。
梱包作業、梱包作業、梱包作業、、、、
僕は完全1人でやっていたので、限界を感じました。

WEBでのマーケティングを学んでいる今なら、
ほとんど外注化して、自分の好きな作業のみにすることもできますし、
利益を生み出す方法はいくらでもあります。

その後、コンテンツマーケティングのコンサルを受けました。

ネットでのビジネスについて無知だったので、目から鱗でしたね。

 

例えば、せどりで月10万円稼いだのであれば、
せどりで、さらに上の収益を目指すのは正直きついです。

せどりは、労働投下型ビジネスなので、
収入を上げるには、労働力を投下し続けるしかない。

コンテンツマーケティングは、簡単に言うと、
「せどりで月10万稼いだ方法をコンテンツにして売ればいいじゃん」
ってやつです。

 

一度、動画や、文章で作成してしまえば
永遠に販売できるし、在庫なんて概念もない。

100人に売るのも、1000人に売るのも全く労力は同じ。

販売サイトから、24時間いつでも
勝手に販売されて売られていくのです。

 

これ、学びたい…

学ばせてください!!!!!!

ってなりましたよ。(笑)

 

そんなこんなで、今はマーケティングの知識を活かして
自分のペースで仕事をしたり、自由に好きなことをする生活をしています。

✔突然、海が見たくなって沖縄旅行へ行ったり。

✔12時間ぶっ通しでゲームしたり、マンガ読んだり。

✔インプットする時間が増え、本を読んだり、映画を見たり。

✔ビジネスを通して出来た仲間から刺激をもらって切磋琢磨したり。

✔ウェブマーケの知識を使って、頭の中で勝手にコンサルしてみたり。

✔昼過ぎに起きてカフェでまったり作業したり。

などなど.

これが独立して、マーケティングを学んでからの僕の当たり前になっていました。

 

毎日、満員電車に揺られて出勤、
上司に怒られ、客に怒鳴られ、
ヘロヘロで家に帰って、寝るだけの毎日からは
想像もできない学びや出会いがたくさんあります。

 

そんな生活を送っていたので
まったくインターネットのビジネスに関する知識はゼロ。
もちろんマーケティングなんて1ミリも知りません。

 

ブログという存在は知っていましたが、
「ブログ=日記」だという認識でした。

Twitterは、趣味でやってましたが、
もちろんビジネス的な運用なんて知らないし
適当につぶやくぐらいのものでした。

 

そんなレベルからでも、正しい知識を正しい方向へ
やっていったからこそ自由な人生を実現しました。

これまでの人生はほとんどお金に縛られて生きてきました。

 

人見知り。自己肯定感低い。
人前で話すなんて最悪すぎて吐きそう。
勉強もスポーツも結果が出ない。

子供のころから身体的なコンプレックスがあり、
親にも、友達にも、そのことを言われ
どんどん自分に自信が持てなくなっていった。

 

人よりもダメな自分。という認識が強くなっていった。
何をやっても、自分ができるはずないよな。

というメンタルブロックが自然と邪魔するように。

 

かなりやっかいでした。

 

これを克服する方法はただ一つ

「自分自身が納得できるような成功をすること」

これしかないと思って、ビジネスに没頭しました。

 

このブログのコンセプトは、今のあなたが次のステージに行けるきっかけを作ること。

 

読んでくださった人の人生が少しでも、
「自由」で「豊か」なものになるように
目指して発信しています。

 

ここでいう
「自由」で「豊かな」人生というのは、

・お金の自由

・時間の自由

・健康の維持

この3つのステージを上げていくこと。

 

簡単に言うと、お金があっても時間がないと使えないし、
時間があってもお金がないと不安。
お金があっても治せない病気もある。

 

この3つのステージを上げることが、
人生の質を上げることは間違いないです。

 

その中でも、特に「お金」があればどうでしょう?

 

「お金」があれば、「時間」も作れるし、心の余裕もできます。

 

もっと言えば、
お金を生み出す仕組みを作る方法を知っていれば、
自分で労働をしなくても済む。

仕組みさえできれば、余った時間を
自分の好きなことに存分に使えます。

 

心に余裕もできますし、時間もあれば、
ジムで体を鍛えたり、調子悪くなったらすぐ治療したり、
自分の健康やメンテナンスにも目が行くようになります。

 

要するに、
「お金」を稼ぐスキルを身に着ければ、
その他のステージも自然に上がっていきますよ。

というお話です。

 

僕のブログでは、

お金・健康・時間のこの3つが揃った
本当の意味での自由で豊かな人生を体現できる方法

について発信していきます。

(健康については、プロ(薬剤師)なので、他のメディアにはない切り口で面白く提供していきます。医療系のコンテンツってお堅くて結構読みにくいのが多いんで、日常に役立つものをビジネスに絡めて発信していければと思っています。)

 

僕のブログを読んでいただく上で、
僕のこれまでの経歴や体験を共有しておくと、
より内容理解がしやすくなると思います。

 

なので、僕の過去の経歴と、このブログで目指すものについて共有させてください。

 

******************************

僕(こーへい)の物語は、
小学校、中学校、高校、大学、会社員時代まで、
自己肯定感の低さに挑戦やリスクを取ることを極端に恐れて生きてきました。

 

ストレスなく読めるように構成しているので、
サクッと読んでいってください。

 

小学校編~コンプレックスをコンプレックスと自覚し始める

 

このころの僕は、コンプレックスを抱え始めました。

 

保育園の頃とは違い、小学校からは、
明確に自我が芽生えて、本当の意味での集団生活が始まります。

 

僕は生まれつき、「足が細かった」
そういう骨格なのですが、親からは、
よくそのことをいじられていました。

 

愛情は感じていたので、まったく気にも留めていなかったし、
コンプレックスという認識も全くありませんでした。

 

ただ、小学校に入ると、周りから言われるんですよね。

「きゅうり」とか

「ごぼう」とか、

ダイレクトに、「ガリガリ君」、「ひょろ」、「ホラーマン(アンパンマンにでてくる骨のやつ)」

いじめられてたわけではないんですが、僕の心にはグサグサ刺さっていました。

 

コンプレックスをコンプレックスと認識した頃でした。

それからは、夏でも長ズボンを履くようになった。

 

ただ、プールの時間が地獄でした。
入っている間は良いのですが、

特に、プールサイドでストレッチする時間とかは
控えめに言って「超絶地獄!!!」

まさに、映画「Too Young Too Die」の有名なセリフ

 

そのおかげで、小学校~大学まで、
「夏に友達と海やプールに行く」という行事に
1度たりとも行ってない人生になりましたw

 

そんなこともあって、
どんどん自分に自信がなくなっていく。
いわゆる自己肯定感の低下です。

 

勉強もスポーツもまあ普通で、
特に目立った特技もない。

自分にどんどん自信がなくなっていきました。
それに輪をかけて中学では、エスカレートしていきます。

 

中学・高校編~「お金」が欲しい思いだけで、医学部を目指すも失敗

 

中学2年ごろから、
追い打ちをかけるように
さらにでかいコンプレックスが追加される。

 

顔中の「ニキビ」です。

 

1個や2個ならいいんですが、
顔中真っ赤になるぐらいできました。

 

もはや、人と会うのも嫌なレベルに。

 

高校上がる頃には、収まってきたのですが、
ニキビ跡がすごく、手術で切除するレベルまで行きましたw
今でも割と残ってます。

 

なかなかここまで行く人はいないんじゃないかな。

 

とまあ、そんなこんなで
自己肯定感どころか、人と面と向き合って
話すのが恥ずかしくて辛かった。

 

おかげさまで、スキンケアに関しては、勉強しまくったので
プロ並みの知識も持ってますw

 

いじめなどはなかったのが幸いでした。
友達もいるにはいる。

 

でも、本当に仲のいい友達ってできなかった。

 

とにかく、

・人と面と向かって話すのが嫌(ニキビを見る視線がつらい)

・プールに誘われるのがつらい

 

今思えば、ちっさいくだらない問題ですが、
あの頃の思春期の僕は、本当に地獄でした。

 

僕は、両親とも医療従事者で
お金持ちではないが、生活の上で、
お金に困った経験はなかった。

 

 

ただ、自分のこれから先の進路を考えたとき、

・容姿も並み

・自己肯定感が超低い

 

こんな自分にこれから先、

・お金持ちになる

・結婚相手が現れる

なんてビジョンが全く浮かばなかった。

 

「人と付き合いが苦手な俺が、そもそも稼げるのか?」

「こんな自分に彼女なんてできるのか?」

 

何のやりたいことも、夢もなかった僕は、
とにかく、将来への不安は、

・お金のこと

・結婚のこと

この二つだけでした。

これを堅実に体現できるのって、、、

「医者しかないやん・・・」

その時の僕は、思った。

 

 

医者になれば

・平均年収1000万

・女性にモテる

・社会的にも認められる

もはやこれしか見えてなかったw

 

 

そこからは、必死に勉強した。
ド田舎すぎて、駿〇とか、代〇木とかいう
予備校なんて皆無。

 

とにかく、参考書を買ってきて、
続けられず、新しい参考書に手を出して、、、

 

とにかく、効率も要領も最悪で、
勉強の仕方もダメダメでしたね。

 

自分がわからないのは、参考書がわかりにくいからだ。
と本気で思ってました。

そりゃ、伸びないですよね。マインドが終わってる(笑)

 

結局ずるずる勉強し続け、医学部受験。

 

結果は、不合格、、、、、

ただ、医学部目指して勉強してたので、
幸い、滑り止めの薬学部には難なく入れました。

 

ただ、僕の中では、薬学部行ったら、

・将来のお金は?

・結婚相手は?

ほんとにこればっかりw

ほんとに浅い人生観で生きていたなあと我ながら思います。

 

「結局、資格持ってると良いよ!!」

って周りの大人たちにさんざん言われ
なんとなーく納得して、
なんとなーく薬学部に進学した。

 

大学編~千利休を目指し始める

 

大学こそは、青春を送ってやると
意気込んでテニス部に入部。

「練習1日目」

先輩が、いきなりボールを意味もなくバーンと打った。

先輩「おい、1年!取ってこい」

僕「・・・。!?( ゚Д゚)」

 

次の日に辞めました。(笑)

 

体育会系のノリが無理すぎて
1日も持たなかった。

 

薬学部は、入学するより進級するほうが難しいと言われています。

 

なので、進級するには
どこかの部活に所属して
先輩からレポートや過去問などの
チートアイテム得る人脈が必須。

 

たいてい、ぼっちの子は
留年していつの間にか消えてます・・・

だから、何としていい部活を見つけないといけない。

 

手始めに、運動部を全部除外しました。(笑)

残ったのが、、、?
漢方研究部、ESS部、コーラス部、旅行写真部、茶道部、、、

 

「Oh…ぶっちゃけどれも興味ねぇ・・・。」

 

当時知り合ったばかりの友達が、
変わったやつで、とにかく茶道部に入りたいけど
1人で行く勇気がないからと、頼み込まれる。

(彼は、千利休が好きらしく、「のりお」と呼ばれていましたw)

しぶしぶ見学について行ったんですが、
毎日、正座して、お茶とお菓子食べて帰る。
という光景に、

「先輩からのパワハラもないし、最高じゃね・・・」

 

部活の決まっていなかった僕にとっては、控えめに言っても天国w

のりおと共に千利休を目指すことに。

 

おかげで、なんなく進級できましたし、
4年間練習したので、それなりに茶道のスキルも身につきました。

 

男性で「茶道部」っていうと、結構レアなので
それだけで会話が弾んで、役に立った場面も
多くありました。

「のりお」に感謝ですねw

 

薬学部は、6年の終わりに「薬剤師国家試験」があります。

当時の僕は、
勉強の仕方がわかっていなかったので
きつかったですね。

ただ、ある時を境に急に成績が伸びます。

 

就活をしつつ、薬剤師国家試験セミナーを
外部で受けたりしていましたが、

 

あるセミナーで、
薬剤師資格とMBAの資格(経営管理修士)をもった
教師Xと出会います。

 

彼の授業は、賛否両論あったのですが、
間違いなく僕の人生を良い方向に変える授業でした。

 

薬学部で学ぶことは、基本的に暗記が7割以上占めます。

 

ですので、
・一般的な教師→理論や覚えるべきところを淡々と語る。
・教師X→問題を見たとき、どんな仮説を立ててどう解決するか?

 

教師Xの授業は衝撃でしたね。
・仮説思考
・フェルミ推定

というゴリゴリのビジネススキルを
薬剤師という職と掛け合わせ、どう活かすか?

 

今までの僕は、勉強はとにかく頭に詰め込む。
という感じで、まったく思考が働いていない。

 

だから、応用力がない。
普段めっちゃ勉強してるのに、
テストで取れないやつの典型例です。

 

要は、普段の勉強で解いた問題と
全く同じでないと解けないんです。

問題の本質を頭で理解できていないから、少し視点が変わると解けない。

 

逆に、勉強あんまりしてないのにテストの点数いい奴いましたよね。

 

それは普段から思考していて
なぜそうなるのか?ということを理解しているから
類似問題ならすべて応用が効くんですよね。

なんなら、見たことない問題でも、仮説を立てて解いてしまう。

 

僕の成績が急に伸びたのは
何が変わったかというと、
「思考をする癖」が付いたこと。

 

問題を解くときに関わらず、日常においても
常に「なぜそうなるのか?」を考えるようになった。

 

わからないことも、落ち着いて
『仮説を立てて→検証する』

仮説思考ができると、一気に成長します。

 

簡単に説明しとくと、

【成長が遅い人の場合】
リスクが怖い→机上で、考えて考えて渾身の策を作る→検証→失敗→もう駄目だ…

【成長が早い人の場合】
問題に対して、結果の仮説を立てる→すぐに検証→失敗→先の仮説がダメと言うことを踏まえて新たな仮説が立てられる。→検証→成功

 

要は、検証しないとわからないことが多いです。

ですが、リスクを恐れるあまり
考えて、考えて、時間が流れていく。

 

この時間無駄だよね。って話です。

 

今、持ってる情報から仮説を立てて
実践に入る方が得られるものははるかに大きいし、
スピード感も違います。

僕は「思考力」が付いたことで就活もうまくいった。

 

3次面接まである、年商2兆円規模の大企業の面接も高評価を頂けました。

その結果、関西でも中枢を担う店舗に配属されます。

 

悪夢の始まりとも知らずにw

 

会社員編~接客中に突然、半グレに絡まれて精神を病む

 

入社して1年目に配属されたのが、
過酷すぎて新入社員を今まで入れたことのないという店舗。

入社前から、噂になっていて
研修では、数百人の人と共にするのですが
僕だけ有名人でしたw

 

「例の店舗に配属されたって本当!?」

何回このやり取りをしたか、、、(笑)

 

ただ、僕が黙っていても周りから話しかけられるので
有名人にでもなった気分で嬉しかった。

 

僕は、今まで自己肯定感が低く
自分に自信がなかったのですが、
初めて社会的に認められたという実感でうれしかった。

 

嬉しいのもつかの間、
新人の僕にはきつすぎる
予想通りのヤバい配属先でした(笑)

 

簡単に言うと、
・仕事量が単純に多い
・客層が悪い←特にこっちw

この2つ。

 

仕事自体は、好きだったし
楽しくやってました。基本的には。

朝から出勤して、帰るのが夜中の3時なんて日も
ありましたが、なんだかんだ夢中でこなしてたなあと。

 

問題は、客層の悪さですかね。
言える範囲だけ紹介すると、

・誰も知る有名飲料の会社の重役は、接客に少しでも不備があると怒鳴り散らす。

・ハサミで刺すぞと脅してくる客

・万引きをスムーズに行うために、わざと騒ぎを起こす輩

・気に入らないと、壁にキックして穴開ける半グレ

・言葉遣いが悪いと言って、いきなり始まるマナー講座と土下座の練習。

その他にも、警察沙汰になるような暴行などもいろいろと。

まあ、凄まじいところでしたw

 

長い時だと、3時間ぐらい
こんな感じの半グレのお兄さんからの
恫喝に延々と耐える日も。

誰も助けてくれないし、控えめに言って生き地獄でしたね。

 

そういうこともあって、
心のバランスを崩して、仕事が怖くなった。

 

正直、今でも対人恐怖症が残ってます。
ただ、ビジネスを通して会う人は、
人格者が多くてだいぶましです。

 

ビジネスの基本は、
お客さんに価値を提供すること。
つまり相手の立場に立てる人でないと
ビジネスは成り立ちませんからね。

 

対人恐怖症的な一面もあって
僕は、なるべく不特定多数の人と
会わない仕事がいいと思うようになった。

(ということもあって、基本的に
僕のビジネスはコンサルなども
すべて審査制にしているという経緯があります。)

 

それが、今のビジネスに繋がっていきます。

転換期~コンテンツマーケティングとメンター(師匠)との出会い

 

対人恐怖症の僕は、ネットで
「副業」と検索する日々が始まりました。

 

株の勉強を始めた。
ダイ〇モンドZAIという株雑誌の有名会社から出てる
株式投資入門的な本を買ってきて始めました。

 

1年間、デイトレードやら、スイングトレードやら
投資スタイルを変えながらやった。

 

全然儲からなかったんですが、
実は成績は意外に良かったんですよね。

 

利回り5%ぐらいで回せてましたから。
(ちなみに、現在の銀行の金利は1年間で0.002%とか。)

ただ、資金が少なすぎた。

100万円の5%→5万円

年間5万円じゃセミリタイアなんて、夢のまた夢。

 

ただ、3000万ならどうでしょう?

3000万円の5%→150万

これなら、働くのを辞めるわけにはいかないけど
かなり足しになります。

 

そして、1億になると、5%は、500万です。

これだけあれば、
普通にセミリタイアも
可能になってくる。

 

同じ5%なのに、資金の量で意味合いが全然変わってくる。

 

これこそが、
世の中、金持ちがどんどん金持ちになっていく
仕組みなのかと。痛感した。

 

同時に、投資って資金が少ないうちは
ほとんど意味ないんだって気づいた。

 

資金を増やすには、
「自分で稼ぐ力」を身に着ける必要がある。

 

会社員だと、給料はほぼ固定。
自分が退職するまでに貯まる資金なんて
掛け算すればすぐにわかる。

 

その後、冒頭で、お話したとおり
僕は、せどりを始めた。

主に、家電量販店とホームセンターをメインに仕入れして、
Amazonで転売するというものだ。

 

店に行く

商品のバーコードをスマホのアプリで読み込む

Amazonの価格と、売れ行きがわかる

手数料等差し引いて、利益が残るなら仕入れ

家に帰って、出品作業

以下ループ。

結果もそこそこ出てたし、楽しかったのですが、
「一生これをやるのか?というかやれるのか?」
という不安が常にあった。

そう考えだしたら、

「スマホのアプリが使えなくなったら?」
「Amazonの手数料が跳ね上がったら?」
「転売への規制が厳しくなったら?」

他にもいろいろ不安になって
別のビジネスを模索することに。

 

ある日、ふと目に入ったのが

「好きなことを仕事にして自動収益で生きていきませんか?」

という後に僕のメンター(師匠)になる方の広告。

 

今思えば、胡散臭いなあとも思いますが
当時の僕はすごく気になって、勇気を出して飛び込んでみた。

 

飛び込んだ世界は、
「コンテンツマーケティング」と呼ばれる世界。

 

簡単に言えば、

悩みを見つける

解決する商品(コンテンツ)を作る

販売する

これだけです。

そして、世の中のビジネスは基本的に全てこれでできています。

 

僕たちがお金を出しているものは、
すべて何らかの悩みから出来ているんです。

 

』→かっこよくなりたい、かわいくなりたい

ダイエット器具』→痩せたい

出前』→食べたいけど、行くのが面倒→家で食べれたらなあ

ライザップ』→ダイエットしても続かない→個別対応で結果を出す

 

あらゆるものが「悩み」から出来上がっていると教わった。

 

僕は、すごく腑に落ちたし、
これを学べばこれから先どんなビジネスにも
応用できる!!!

そう思った。

僕が、メンターを選んだ理由は、
「3日で100万稼げる副業」とか、
「毎日10万円自動で稼げるFXツール」とか
怪しくて、例え稼げても一時的な雰囲気のものではなく

「時間は多少かかっても、一生使えるビジネススキルを身に着けませんか?」

というすごく誠実でクリーンな問いかけに惹かれたからだと思う。

 

実際に学んでみて驚いたのが、
ゼロからしっかり知識を学んでると、
いろんなビジネスを見たときに、

「どこをどう直せば売り上がるか」がちゃんとわかるようになっているんです。

 

「すげえ・・・」

ビジネスには才能やセンスがある人しかできないと思っていた。

 

「AmazonやApple超えたいとかいうレベルの話をしない限り

そんなものは必要ない。知識を付けて、思考力を磨けば誰にでもできる」

 

メンター(師匠)からそういわれて、
学ぶ→実践、学ぶ→実践の繰り返し。

ひたすら突っ走ってきた。

学べば、学ぶほどにいろんなビジネスの形が見えてくるし、
お客さんにも喜んでもらえて、収益にも繋がる。

 

自分のスキルや学んだことから価値を生み出す。
そして、悩みを解決してお金を稼ぐ。

この感覚がスーパー楽しくなりました。

これによって、自信がついていき、
僕の地に落ちていた自己肯定感の低さも
どんどん回復していった。

 

ビジネスを始めていろんな人と会ったが、
天才ばかりじゃなくて、僕以上にいろんな
コンプレックスを持った人もたくさんいた。

 

「ネットで仕組みさえ作れば、年収3000万は普通に行くよ」

と、言われ、

「いやいやいや、3000万っすよ・・・?汗」

ってなりながらも、日々積み上げていく。

 

学んで発信してを繰り返してるうちに、
なぜそんなことが可能なのかも理解できてくる。

 

人間、新しいことに挑戦するのは難しい。
それは、どうなるかわからない不安があるから。

 

 

でもそれは当たり前で。
挑戦をしない者に成功はやってこない。

 

 

バットもってバッターボックスに立って、
1度もふらずに見逃し三振。

 

ではなく、とにかく手数を出していくことで、どんどん成長できる。

 

学んだことが確実に価値になっていく感覚が楽しいし、
仕事もプライベートも充実していきます。

 

 

これからもどんどん学んで、
面白いビジネスを作って
価値を提供していきます。

******************************

_僕の物語はここまで_

 

あらためて、ブログのコンセプトおさらい

 

僕のブログでは、
豊かで自由な人生にしていくために、

・お金の自由

・時間の自由

・健康の維持

 

この3つの考え方を軸にしています。
この3つの思考をベースに読んでもらえると
読みやすいのではと思います。

 

時々、

「それはもともと頭良かったからでは?」とか、

「才能があったからでは?」と言われます。

 

そんなことは全くありません。

ここまでお話してきたように、
僕は、要領が悪くコンプレックスの塊でした。

でも、今になってわかるのは、

闇雲に努力するのではなく、
正しい方向に、正しい努力をする。
そうすれば結果はちゃんとついてくる。

 

昔の自分は、やる気はあったけど、
正しい知識もないし、方向性も良くわからなかった。

そこをメンター(師匠)という存在が、
僕に正しい知識を与え、進むべき道を示してくれた。

 

インターネットビジネスの知識なんて
全くのゼロからでした。

 

そもそも、この記事を読んでくれているあなたも
「仕組み化」と聞いてもピンとこない人も多いと思います。

僕もかつては意味不明でした。

ただ、知識を付ければ
実現可能だって理解できる。

理解ができれば、努力する気力がわいてくる。

そういうもんです。

きっかけがあれば簡単に変われます。

僕がメンター(師匠)を見つけたように
きっかけは自分で作れるし、
きっかけがあれば、人生はどんどん面白くなる。

 

日本では、お金を稼ぐことに集中するのは、
下品なイメージを持たれることがいまだに多い。

日本では、幼少のころからビジネスを学ぶどころか
お金についてすらほとんど学ばないから。

 

だから、やり方を知らないだけで
日本人の理解力や知識レベルで言えば
本来わからないわけではないんです。

学べば学ぶほど、お金は増えるし、
連鎖して、時間の自由や健康にも繋がる。

 

そしてどんどん学ぶことが好きになってきて、
あなたの発信の質も上がってくる。

僕のメルマガでは、

「お金の自由」

「時間の自由」

「健康の維持」

この3つ思考から
本当の意味での、自由で豊かな人生を作っていくための
具体的な話を発信しています。

無料なので、興味がある人はぜひ登録してみてください。

 

僕が、メンターから学んだことや
ブログでは書けないことも
メルマガ内だけでお話しています。

メルマガはこちらから登録できます。

 

「仕組み化」についてがっつり学べる動画教材「Biz-Table」を無料公開中

 

僕は、大手企業を退社後、ウェブマーケティングを学んできました。

会社員時代に最も強く感じたのは、

「お金があっても、時間と健康がなきゃ意味ないな」

ということ。

 

僕が教える「仕組み化」というのは、
自分があくせく働かなくても、自動で回るビジネスを構築する
というものです。

 

「お金の自由」

「時間の自由」

「健康の維持」

 

「仕組み化」が、この3つの思考を高めてくれるのに最適なんですよね。

 

これからゼロから学ぶという人でも大丈夫なように、
ビジネスの基礎から仕組み化までをがっつり学べる動画会員サイトを
メルマガ内で無料でプレゼントしています。

ご登録はこちらから。