マーケティング

1500円を15万円にかえる投資としての読書術

ビジネスにおいて、知識をインプットし続けるのは大切です。

その中で、インプットを書籍で行う人は多いんじゃないでしょうか。

ただ、その時にぶち当たるのが、

・忙しくて、本を読む時間がない。
・本を読んでも活かし方がわからない
・そもそもどうやって本を読んだらいいかわからない。

なんて悩む人も多いように思います。

今回、僕が教えるのは、

少ない時間で、効率よく本の内容をインプットし、
それをアウトプットして資産にする。

これを誰でも簡単に出来るように体系化しましたので、
ぜひご覧ください。

読書は単なる読書ではなく投資活動である

ビジネスにおいてのインプットを読書で行うなら、
読書を単なる読書として終わっていてはダメなんですよね。

読書を単なる読書ではなく、経済的行為、つまり投資活動として
捉えていく必要があります。

簡単に言うと、
読書から得た知識を使ってお金に換えられるか?
という視点を持つことが大切です。

1500円が15万円に変わることもある

ビジネス書はだいたい1500円ぐらいします。
これを高いと感じる人、安いと感じる人。もいるでしょう。

僕は、安いと感じています。
なぜなら、1500円の投資が将来何倍にもなって返ってくるという
経験をしているからです。
本への投資はおよそ100倍になって返ってくるなんて表現する人もいるぐらいです。

ということは、1冊1500円のビジネス書からは、
1500円×100倍=15万円のリターンが得られるということになります。

そんな馬鹿な!と思うかもしれませんが、
それは、もちろん、読むだけで、15万円のリターンが得られる
とは言ってません。

読むだけで得られるなら、誰も株もFXも不動産も資産運用なんてやりません。
毎日本買って読んでたらいいわけですから。

ですので、
本は、読んだ後その知識をビジネスに生かすことが絶対条件となります。

 

本の価値を知ることで成長できる

先ほど、1500円の本は15万円にもあり得るというお話をしましたが、

では、なぜそんなにも本に価値があるのでしょうか?

本を読む最大のメリットは
「人の一生を数時間で疑似体験できること」
なんです。

汗水をたらして、血のにじむような努力をした人の
数十年分の試行錯誤の軌跡が本の数時間で理解できるよう
本の中に体系的にまとめられているのです。

ですので、
人の経験や知恵が詰まった本というのは、
とんでもなく安価で、割安なものであるということが
わかると思います。

読書から効率よくインプットする流れ

ビジネスにおいて本からインプットする際の
読み方を3STEPにまとめてみました。

1.目的を決める
2.全体を俯瞰する(表紙、帯、前書き→目次→あとがきを読む)
3.読み始める(メモ+線を引く+折り目(or付箋))

この3STEPが良いですね。

 

ただ、自分なりの読み方がある人はまずはそれを
優先してください。

読み方がわからなくて迷走してる人は、
僕のこのやり方を試してみると良いですよ。

 

STEP①:本を読む前に「目的」を決める

本の読み方で最重要なポイントは、「目的」を決めて読むことです。

「目的」を決めて読むことで、
あなたは、情報の取捨選択が容易に出来るようになり、
本を読むスピードが上がります。

それは、一字一句隅々まで読むスピードが上がるのではなく、
今必要じゃない情報を取捨選択できることで
読む量を必要最小限にコントロールできるので、本を読むスピードが上がるのです。

要するに、
無駄な情報を切り捨てるということが本を読む際のコツです。

無駄な情報をそぎ落とせば、時間も生まれますし、
忙しくて読めない人の対策にもなります。

 

カラーバス効果

情報の取捨選択をする際のテクニックをお話しておきます。

カラーバス効果という心理効果があります。

「今日一日で青色をどれだけ見つけられるかな?」というお題をだしたら、
あなたは、街に出た際に、「こんなにも青色が街にあったのか」と驚く。

それは、青色という目的意識を持ったので、
自然と街の青色をどんどん探していたのです。

逆に、青色以外の色への注意はそぎ落とされています。
この時は、

・目的→青色
・無駄な情報→青色以外の色

 

となってるんですよね。

これは、ビジネス書を効率的に読むときに活用できます。

その為に、まずは読書の目的を決めます。

そうすれば、読書した際に、
あなたは、目的に対して必要な情報のみに自然に目が行き、
無駄な情報は読み飛ばせるので、効率よく読書ができるという
わけです。

 

STEP②:全体を俯瞰する

目的を決めた後は、全体を俯瞰して
読むべきポイントをだいたいでいいので絞っていきます。

全体を俯瞰するのにいいのが、
表紙、帯、前書き、目次、あとがきです。

まずは、ここを読み
あなたの「目的」に対して必要な個所に、しるしをつけていってください。

STEP③:読み始める

ここまでで、「目的」を決めて、全体を何となく把握して
読むべきポイントをイメージできましたので
いよいよ読み進めていきます。

その際にやってほしいのが
さらに情報を絞るということです。

具体的に言うと、
本を読みつつ、今の自分の「目的」に対して重要だと
感じるところに線を引く+ページに折り目(or付箋)をつけていきましょう。

そして、さらに読んでいて
何か引っ掛かるときがあれば
すぐにその場で直接本に書き込みましょう。

あとで、ノートにまとめようと思っても
そのまま読み進めていけば間違いなく忘れます。

その時、その瞬間に思ったことや感じたこと、ひらめいたアイデアを
直接書いていくことが大切です。

投資としての読書をしていく際のコツとしては、
「自分の身に置き換えて読むこと」

要は、「自分だったら、どう考えるか?」
をシミュレーションしながら読んでいくと、どんどんアイデアが湧いてきますので
オススメです。

と、まあ
こんな感じで、3STEPに沿って
本をインプットしていけばいいです。

本は汚して使う

本の読み方の流れを説明すると、
たまに気になる事があります。

それは、

「本に折り目を付けましょう」
「本に線を引きましょう」
って言うと、

本を汚したくないとか抵抗があるって方がいます。

ですが、
本は、基本的にボロボロになるまで汚しまくってください。

基本的に、線やしるしをしていないと、
その時大事だと思ったところが、再び活字に埋もれていってしまいます。

あなたの本なのですから、きれいに取っておく必要はないです。

本の本当の役割は、あなたに情報を伝えることです。

綺麗に本棚に陳列してコレクションにするためでも、
読み終わった後にブックオフに高値で売るためでもありません。

ですので、
大事だと感じたところ、思いついたことをどんどん余白に書き入れましょう。

こういう話をすると、
「どこに線を引いたらいいかわかりません」って言われるのですが、
それは、ナンセンスな質問ですよね。

あなたが、読む前に考えた「目的」に対して、
あなた自身がピンときたり、重要だと思ったところに引くんです。

もちろん正解も不正解もありません。

あなたが、何かを感じたのならそれが答えですし、
その感じたことをそのまま余白に書けばいいのです。

人によって感じることは課題は違いますので、
あなたが線を引いたり、折り目を付けたり、アイデアを考えながら
読んだその本は、いわゆるあなただけの「資産」になるわけです。

あなたに重要な部分だけをピックアップされている書籍になるわけですから。

ですので、本は、ボロボロになるまで汚しまくって使いましょうって
話でした。

本を読むスキルの活用

ビジネスをやるにあたって、自分の特定の分野や、思いがけない分野の
インプットをしないといけないこともあるでしょう。

僕自身も、株の勉強をした際や、昔、ブログで睡眠の記事を書く際など、
その分野について詳しく知りたいと思いました。

そんなときにおすすめなのが、
『類書を10冊ほど一気に読んで、体系的にまとめる』
という方法です。

書店にいってその分野の本を片っ端から買う。
または、ネットでその分野のキーワードを検索して出てきた本を
片っ端からポチる。

そうすれば、いろいろな人が書いた同一分野の本が10冊かそれ以上集まります。

そして、それを集中して読みます。

というと、類書を10冊も買うのは勿体ないと思う方もいるかもしれませんが、
むしろ逆で、類書を複数冊読むことで重要なポイントがわかるようになるのです。

例えば、10冊読んだうえで、
類書ならば、10冊に共通していっていたことは、
重要な点であり、原理原則の部分であること。

また、
異なる部分は、著者独自の意見かもしれません。

つまり、1冊の本からだけだと、
1人の著者の考え方や知識しか知ることができません。
それだと、知識や思考が偏りがちになります。

たくさんの類書を読むことで、たくさんの人の考え方や知識に触れ、
あなた自身の考え方や方向性を見つけられる可能性が高まるのです。

読書後のフォローと効率的なインプット方法

もちろん、読書して線を引いて、インプットしても
それで終わればあまり意味ないです。

良質なインプットは、良質なアウトプットがあって初めて輝きます。

ですので、
読み終えた本が何冊か溜まってきたら、
折り目をつけて、線を引いたところを抜粋して
Wordなどにまとめていくと良いですよ。

そうすれば、そのファイルはあなたにとって重要な所だけをまとめた
「究極のビジネス書」へと変わります。

【お得情報あり】効率重視なら音声学習もおすすめ

僕がインプットによく使っている方法として、

「Amazonオーディブルを使った音声学習」を活用しています。

・通勤中
・掃除の時
・料理の時
・つまらない会議の時

こんな感じの、手はふさがってるけど脳のキャパは余ってるという状態の時は、
ほぼ音声学習しています。

音声学習をしてから、まだまだ使える時間がこんなにあったのか。とすごく実感します。

 

メリットを簡単に上げておくと

・通勤中など本や書類を開きにくい時でも良質なインプットができる

・音声の再生速度を変えられるのでかなり効率が良い

・聴覚を利用したインプットは頭に残る

・無駄な会議やつまらない講義時間も有意義に使える(笑)

無料で話題のビジネス書を読める【お得情報】

※お得情報

僕の使ってるAmazonオーディブルは、無料お試し登録をすると、
自分の好きな書籍を1冊ダウンロードできます。
(僕が見た最大では、7500円の本とかも無料でもらえますw)

しかも無料ダウンロード分は、解約してもずっと聞き続けられるので
ゆっくり読んでも、今読む気がなくても気になる本はもらっておくだけでも価値ありです。

Amazonオーディブルに登録して無料で本をダウンロードする

 

また、音声学習といえば、

Amazonオーディブルとaudiobookの2つ有名なサービスがあります。
気になる方のために、【最新版】Audibleとaudiobookを徹底比較!おすすめは?
サービスの違いやメリットデメリットをまとめていますので参考にしてみてください。

コンテンツ化して使い回す

そして、僕は、そこからさらに
動画にしたり、ブログにしたり、メルマガの配信ネタにしたり
何度も再利用してコンテンツ(資産)として生まれ変わらせています。

このように、一度生み出したコンテンツをプラットフォームごとに変化させて
使い回せば一度の労力で複数のコンテンツを生み出し資産を構築していくことができます。

ですので、読んで満足ではなくアウトプットするまでを一連の流れとして
組み込んで読書していくと良いですよ。

それが、投資になる読書術というお話でした。